交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 日本語 / English

    大學院の特長

    研究科の特徴

    學際性に富んだ研究?教育內容

    「アートマネジメント」「國際協力」「日本學?比較文化」「國際関係?地域研究」の4つのプログラムを用意し、実務者?研究者にとって必要となる柔軟な思考と広範な視野を養うため、専門領域の異なる複數の教員による研究指導や、特定専門領域にとらわれない多角的視點からの様々な研究プログラムを提供するとともに、専門分野の教員によるきめ細かい指導を行っています。

    現場と実踐の重視

    「國際文化交流研修」をはじめ、國內外の文化交流機関?文化施設?國際機関?シンクタンク?國際NGOにおける様々な研修?インターンの機會を提供し、文化交流?國際協力等をめぐる諸課題や諸環境の理解と、文化政策?アートマネジメント?國際協力?國際機構分析?國際社會分析等の専門家?実務家として必要な実踐能力?問題解決能力の向上を図ります。

    長期履修制度

    出願に際して希望すれば、3年以上8年以內の長期履修が認められる制度があります。1年あたりの學費は履修計畫年數に応じて減額されます。

    研究科委員長メッセージ

    目指すは、多様で複合的な文化の様態を〈學際的〉に探究すること。
    國際的な視野をもった専門家?研究者を育成します。

    國際文化交流研究科
    研究科委員長 今橋 理子

     現在では、「國際文化交流」を教育目標に掲げる大學は珍しくありません。その中で、2004年4月に開設された學習院女子大學大學院「國際文化交流研究科」は、當時まだ國內では珍しかった「國際文化交流のエキスパートの育成」を主眼とし、修士課程のみの実務家養成型の大學院として出発しました。そして、これまで多くの人材を輩出しています。

     本大學院教育の特徴は、何といっても多彩な専門領域を學際的に學べる環境です。そこに學びの領域として、「アートマネジメント」、「國際協力」、「日本學?比較文化」、「國際関係?地域研究」の4つのプログラムが置かれており、國際社會に貢獻できる専門家養成に加えて、國際文化交流研究に寄與できる質の高い研究者の育成も図られています。授業はいずれも充実した少人數制です。本學大學院修了生の中にはさらにその後、博士號取得などを目指して、國內外の高等研究機関や諸大學院博士後期課程へと進學する方もいます。

     文化の多様性を理解するためには、言語は元よりそれぞれの地域や民族性、歴史や宗教などの社會的背景といった、多様な社會の様態やその「固有性」への深いリスペクト、またそれらを真摯に學ぶ姿勢が大切です。國際文化交流研究においては、それら一つ一つについて多角的に知見を深めることが不可欠となります。本大學院では學內での通常の授業に加えて、學外での研修なども重視しており、希望する學生は國內?海外での研修やインターンなども単位履修とすることができます。このように「學術」と「現場での実踐」の両面から知見を磨くことができるよう、體系的なカリキュラムが構成されています。

     修了するためには、修了要件として必要な単位數(30単位)の他に、必ず全員に「修士論文」または「特定課題研究」に伴う報告書の提出が求められます。修士課程は短い期間で多くのことをこなさなければならないため、おそらく多忙な大學院生活となることでしょう。しかし院生の皆さんは、必ずや學部生時代とはまた違った濃い密度の、學びと研究の時間を過ごされるに違いありません。それが新しい自己発見にも繋がることを、私たちスタッフは切に願っています。


    PageTop
    久久亚洲国产中文字幕